HOME > 交通事故相談について

交通事故相談について

交通事故の原因は?

ニュースなどで交通事故は、飲酒運転やスピード違反が多く取り上げられています。
それは悲劇性や被害の大きさから注目されやすいためでしょう。
しかし、実際に発生している交通事故の原因で、統計的に飲酒運転・スピード違反が占める割合は非常に少ないのです。
交通事故の原因で最も多いのは「安全不確認」で、発生件数のうち30%以上も占めているのです。(参考:平成27年における交通事故の発生状況)
安全不確認とは、一時停止線を見落として停止を怠ったり、方向転換時に対向車や歩行者の確認を十分に行わなかった場合などのことです。

統計によると、安全不確認に次いで多いのは「脇見運転」で、発生件数のうち16%以上を占めています。
携帯電話やスマートフォンのゲームをしながらの運転だったり、カーナビの操作に気を取られたり、外の景色に目を奪われていた・・・などのことです。

次に「動静不注視」が挙げられます。これは、事故の危険性を認識しながらも軽視し、注意を怠った場合のことです。
相手が止まってくれるだろう、相手が避けてくれるだろう、などというように、相手の動きを注視しなかったことが原因になります。

交通事故についての心構え

一度起こしてしまうと相手・自分の人生を大きく変えてしまう交通事故。
運転する時は、絶対に誰も不幸にしないという意識を持ち、常に安全に対して心構えをしておくことが大切です。

しかし、いくら自分が気をつけていても巻き込まれてしまうのが交通事故です。
交通事故の被害者になってしまった場合、こちらから何もしないと相手のペースで示談交渉が進められてしまいます。

「何となく」「言われた通りに」交渉を進めてしまうと、慰謝料や賠償金は本来支払われる金額より少なくなってしまうこともあるのです。

交通事故に遭ったとき、このような悩みが出てきます

  • 頼る人がいないため、示談の進め方が分からない
  • 示談金に納得できないけれど、もう交渉が面倒・・・
  • 治療費が途中で打ち切られてしまった
  • 慰謝料の増額をしたい
  • 事故後、しばらく経ってからむち打ちの症状が出てきた
  • 後遺障害を認定されたものの、納得できない
そんなときに頼れるのが「弁護士」です!