HOME > すべての記事 > 車の売却について > 車売却時のトラブルを避ける〜よくある事例と注意点、対処方法を解説

COLUMN車のトラブル解決コラム

車売却時のトラブルを避ける〜よくある事例と注意点、対処方法を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古車売却時には「しっかりとした手法を用いて契約を目指す」ということが非常に重要です。なぜかというと、高額で中古車売却をする為にはもちろんですが、「トラブルを未然に回避する」と言う意味合いでとても大切です。

よくある中古車売却時のトラブル事例を参考に、トラブルを回避するための方法をしっかりと覚えておきましょう。

契約締結後の値下げに注意

買取業者は、基本スタンスとして「1円でも安く商品を仕入れたい」と思っています。
つまりは「車を出来る限り安く仕入れたいと思っている」と言うことになる為、何の対策もしていない状況では価値ある商品(車)であっても安く買いたたかれてしまうこともあるということになります。

その為、高く売る為のポイントを実践していくことはもちろんですが、「不要な値下げを避ける」と言うことが必要になります。

良くある事例としては、契約前の査定段階では非常に高額な査定金額を提示しておいて、契約完了後に「良く調べてみたら重大な欠陥が見つかった」などの理由で値下げをしてくるものがあります。

このような場合、すでにある程度の労力を払ってしまっているという理由などから「妥協して契約してしまう」と言うことが少なくありません。いわゆる泣き寝入り状態になってしまうことが少なくない為、毅然とした対応を心掛けることが必要です。

過去の事例を参考にして安心できる買取業者を利用する

7--26

こういった事例がある買取業者は、ネット上でネガティブな情報が晒されていることが少なくありません。もし、顧客との信頼関係を重視している買取業者であれば、契約後に見つかった欠点については自社で負担してくれることがほとんどです。

悪質な業者ほど負担を顧客に強いてくるだけでなく、最初から値下げを前提とした金額を提示してくることが多いので注意しましょう。

予めそういった事例がある業者の場合、提示されて金額が良いものであったとしても安易に信用してはいけません。「こういった情報を持っているが、仮にそうなった場合はそっちで負担してくれるのか」と言うことを契約前にしっかりと確認しておきましょう。

泣き寝入りは絶対に避ける

予め予防線を張っておくことで不要な値下げを避けることが出来ますが、対策をしていてもアクションを起こしてくる買取業者もあります

その場合、なんだかんだと面倒な手続きを要求された結果が値下げと対応されてしまうことが少なくないのですが、そこまでにかかった時間・労力を惜しまずに「ならば契約はしない。非はそっち側にあるのでキャンセル料も支払わない。然るべき手段と行使する準備はある」といった対応をし、足元を見られないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故で困った時は

車の売却についてカテゴリの関連記事