HOME > すべての記事 > 車の売却について > 車買取店とトラブル〜よくある例とその対処法を知り上手に売却

COLUMN車のトラブル解決コラム

車買取店とトラブル〜よくある例とその対処法を知り上手に売却

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在では気軽に中古車を売却する方法があり、中古車専門の買取店があります。
このような業者を使った場合では、簡単に売却を行うことができ、下取りとは異なって、比較的高い査定額が付けられる可能性があります。非常に便利に使える買取店になりますが、時にはトラブルに発展してしまうことも事実です。

トラブルに関してはいくつかの事例がありますが、それぞれの内容を十分に把握した上で買取店とトラブルになることを回避することが良い方法です。

車買取り店の利用について

自動車を所有している方であれば、後に売却を考える時期が来ることがあります。
乗る機会が無くなってしまったり、新しい自動車を購入する場面でも、古くなった自動車を手放すことが必要になることがあります。

現在ではディーラーに下取りに出す方法ではなく、中古車の買取り専門店に依頼を行う方法で、非常に簡単でお得に売却を済ませることができます

インターネットなどを使った場合では、事前に簡単な査定なども知ることができるので、売却する側にとっては効果的に使えるサイトとして利用されています。数多くの買取店が存在しているので、最適な買取り店を見つけ出すことも大切なことです。

買取り店とトラブルに発展してしまう内容

7--28

便利に使える中古車の買取店ですが、利用者の中には買取店とトラブルに発展してしまうケースもみられます。

その内容については、例えば自宅に専門のスタッフが出張査定などに来た場合に、最終的な査定額が提示されることが一般的ですが、自動車の引取り後に急に査定額が下がってしまうことがあります。
最初は気付かなかった傷が新たに見つかったという内容や、隠れた傷が見つかったという内容なども多い傾向にあります。

また、中古車として購入して乗ってた方のケースでは、買取店とトラブルで多いものでは、事故歴があると告げられる内容があります。依頼者が知らない事故であってもその旨を伝えられ、一方的に減額されてしまうことも多い傾向にあります。

買取店とのトラブルの対処法

買取店とトラブルが起きてしまった場合では、対処法が用意されています。
まずは、最終的な査定を実施した後に、目立った傷が見つかったので、減額するという内容では、瑕疵担保の範囲外になるので、毅然とした態度で拒否することが一番の対処法です。

同じように所有者が知らないところで事故を起こしていた場合でも、瑕疵担保の範囲外になります。拒否を行った場合で、解約料などを請求されてしまった場合でも、支払う義務はないものと法律で制定されているので、その内容を買取店側に冷静に伝えることが一番の対処法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故で困った時は

車の売却についてカテゴリの関連記事