HOME > すべての記事 > 車や部品の購入 > オークションで車を買う時の注意。トラブルにならない為のポイント

COLUMN車のトラブル解決コラム

オークションで車を買う時の注意。トラブルにならない為のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オークションは、売りたい人が商品を出品し、複数の人が入札することで価格を決め売却するというものです。競争相手がいれば価格が上がりますが、競争相手がいない場合には低い価格で購入することが可能です。

インターネットオークションが登場するまでは、それぞれの専門分野の業者が会場を開くといった形式のものがほとんどでしたが、現在ではあらゆるものがインターネットオークションで売買されています。特に一定のジャンルを築いているのが車になります。

しかし、個人売買という性質上、さまざまなトラブルが考えられるため注意が必要です。

なぜオークションなのか

オークションを利用するメリットとしては、間に中間業者が入らないので中間マージンが発生せず、そのぶん売り手は高く売れ、反対に買い手は安く買うが可能です。

特に車の場合には中古車であっても高額な売買になるため少しでも高く売りたい、少しでも安く買いたいといった心理が働きます。

一方で安さだけでなく希少価値のある車も出品されていることも多いため、これらを手に入れることを目的に利用する人も多くいます。

トラブルの事例

8--12

トラブルとして多いのは情報提供の少なさです。
特に映像だけでしか判断できるものは外観程度でありほとんどは実物を見なければ、その状態を見ることができません。
ちゃんとした中古車販売業者であれば一定の基準を持った情報提供をしてくれますが、個人が出品している場合には注意が必要です。

また販売業者でも不親切なところでは意図的に情報を隠すケースもあるため過去の取引履歴が重要になります。いずれにしても不動車を買わされるといったことは、ありませんが、思ったようなものではないものを買わされるリスクがあります。

トラブルを避けるためには

トラブルを避けるためには可能であれば実物を見せてもらうことです。また落札後にもあまりにも状態の悪いものであれば購入を中止する意思があることが重要です。

またチェックポイントとしては外観よりも内装が重要です。
外観は何かしらの方法で綺麗にすることは可能ですが、内装は清掃が行き届かない場合があります。特に外装以上に内装は汚れがたまりやすいので、その状態を確かめるポイントといえます。

一方で整備記録簿などもチェックするポイントです。
定期的にオイル交換を行っているか、消耗品は交換されているか、過去に大きなトラブルがなかったかを確認することで、将来発生するリスクを避けることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故で困った時は

車や部品の購入カテゴリの関連記事