HOME > すべての記事 > 中古車の購入 > 現状渡しの車に不具合発生!本当に販売店には責任はないの?

COLUMN車のトラブル解決コラム

現状渡しの車に不具合発生!本当に販売店には責任はないの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古車購入の際に保証もなく、整備も無しという現状販売スタイルがあることはご存知でしょうか。

通常中古車とはいえ、一旦整備を加え、異常と思われるパーツの交換をした上で、一定期間の保証を設けている場合がほとんどです。

しかしながら、そのようなことをすると売価に反映されてしまうことは容易に想像できます。

そのため、販売店によっては、その整備をしないことで保証もしないとした現状渡しという形で販売価格を下げて提供する形を取っているケースがあります。

しかしながらこの現状渡しがトラブルの元になっています。

現状渡し=保証なし?

現状渡し販売は保証なし販売と呼ばれており、基本は、整備なし、保証なしでそのまま販売となります。

この点が保証なしと勘違いされやすいことではありますが、確かに整備保証などは付かないのですが、販売後の責任が販売店にないというわけではなく、問題が発生した場合は、解決策を協議していく必要はあります。

その為、現状渡しのため、ノークレームノーリターンというわけにはならないことは理解しておく必要があります。

車両状態は掲示が必要

中古車販売をする際には、よく価格表示が目立つ所に付いているというイメージがあるかと思いますが、実際はその近くに、コンディションノートと呼ばれる車両状態評価書という車両の状態表示を掲示し、整備が必要な個所、車の傷の有無などの確認が必要です。

しかしながら、そのコンディションノートに記載されていないトラブルが発生した際は、隠れた瑕疵があると判断され、無償修理を要求する対象となります。

ただ、予想される不具合や消耗品と見なされる部分の不具合はその範囲にないので、何でも不具合とはなりません。

確かに安いのは安いですが・・・

現状渡しの車に関しては、ただ安いという理由で購入されているケースがあり、安い代わりに何も付いてこないという形になります。その為購入の際はそれなりの知識を持っていたり、後で不具合が出ることを覚悟の上で購入する必要があることも認識しておく方がよいです。

確かに、瑕疵担保も幾ばくかありますが、走行状態によるパーツの交換タイミングになっているところもあります。その場合は、結果的に整備費用が掛かるため、逆に高くつくことも考えられます。

その場合は、結果的に整備費用が掛かるため、逆に高くつくことも考えられます。そのため、知識が無く、安全に乗りたいということであれば、多少の費用を見越して、整備付き、保証付きの中古車を購入する方が得策と判断できます。

安物買いの銭失いということにならないようにしたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故で困った時は

中古車の購入カテゴリの関連記事