HOME > すべての記事 > 中古車の購入 > オークションで購入した車にトラブル発生!個人売買は安いけど危険?

COLUMN車のトラブル解決コラム

オークションで購入した車にトラブル発生!個人売買は安いけど危険?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前から、格安で車を購入するネットオークションが増えてきて、大手の通販サイトなども中古車販売店との協業で参入してきたりしており、手軽で安く買えるのは非常に魅力です。

しかしながら、個人同士での売買ということもあり、トラブルも多く聞きます。特に故障関係のトラブルも多いです。
メリットデメリットを知っての利用が必要です。

基本的に自己申告

ネットオークションでも業者が仲介するケースもありますが、ほとんどが個人での出品となっています。

業者介入の場合は、基本的に鑑定書類が付属しているため、鑑定士のお墨付きということが言えますが、個人出品の場合だと、鑑定士などの客観的な第三者確認が欠落しているため、あくまで状態は、写真と自己申告に委ねられます。

実車は必ず確認を

自己申告に委ねられてしまうため、写真だけでなく、現車確認できる内容であることを確認する必要があります。

一通りの機能や外観の様子、整備簿などの有無など、内容通りかの確認をすると共に走行状態などの確認もできる限り、実施するべきです。

素性が不明確、走行状態、整備状況などがある程度見えてくれば、安心できますし、どのような車かもわかります。

業者オークションでも微妙な車はあります

正直業者オークションでもいろいろあり、微妙な車な場合もあります。

人気車種が故に多少不都合な車でも化粧隠しで仕立てられるものもありますが、素性が見える機関があるので、安心できる部分もあります。

個人売買が主である状況であれば、化粧隠しされている車でも分からないものもあるので、よほど知識が無いとトラブルになりやすいです。

後で直すつもりで購入を

ネットオークションでの個人売買購入が決して悪いわけではありません。

しかしながら、安いとは言えども高額な商品であるが故に、注意が必要なことも事実です。

知識があれば、安く買って、好みに仕立てることが出来ますし、仮に不具合が出たとしても修理を自分で対応できれば、非常に安価で対応できることも魅力です。

市場に出ている車両は、点検修理費もあるので、どうしても高くなりますが、現車渡しであれば、安く済むので、不用意にメンテされているより、分かりやすいかもしれません。

自分で直すと割り切れば、ネットオークションを利用することで、安く買うメリットも出来ますし、特にトラブルになることもないため、いい買い物が出来るのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故で困った時は

中古車の購入カテゴリの関連記事