HOME > すべての記事 > 自動車保険について > 借りた車で事故した時の対処法

COLUMN車のトラブル解決コラム

借りた車で事故した時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

友人などから借りた車で事故を起こしたときには、原則として友人が加入している自動車保険から、事故の被害者や同乗している人の怪我の治療費などが補償されます。

ところが、次の年から友人が加入している自動車保険は交通事故を起こしたと見なされ保険料が高くなってしまいます。
友人にとっては、別人が起こした事故で、保険料が高くなるのは納得できないということになります。

借りた車で事故を起こした場合の補償

借りた自動車を運転していても運転している本人が自動車保険に入っていると、自分の加入している自動車保険の保険金を使えることが多いということを知っておくと良いです。
ほとんどの自動車保険は、自分が所有していない自動車で事故を起こしたときに補償できる他車運転危険補償特約という特約が自動的に付帯されているのです

しかし注意が必要なのは適用される条件になります。
一時的に運転しているときのに起きた事故が対象なので、常に会社の営業車を運転していて起こした交通事故については補償されないことになります。

また、借りることを承諾してもらわないまま無断で乗った場合も補償されないことになります。
そして、自分が加入している自動車保険を使えるのは、保険の一部分だけになります。
対人賠償保険と対物賠償保険については使うことができますが、借りた自動車の車両の修理費などについては車両保険の条件によっては補償されないこともあります。

他車運転危険補償特約

自分の加入している自動車保険に他車運転危険補償特約が付いていないときでも、対物賠償保険の補償や対人賠償保険の補償に含まれている場合もあるため、友人に借りた車で事故を起こしてしまったときでも自分が加入している自動車保険を使うことができることがあります。

しかし、友人が所有する自動車であったとしても日常的に運転しているときなどは、他車運転危険補償特約に適用されずに補償されないため注意必要です

ドライバー保険

ドライバー保険は、自動車を所有していない方が加入する保険のことです。
運転する自動車には一般的な自動車保険が掛かけられているため誰が運転していたとしても補償がされるのと同様に、ドライバー保険は保険が運転する人に掛かられていて、加入している人が運転する自動車ならば、どんな自動車も補償されることになります。

自分で自動車を所有していない人が時々友人などから借りたり、レンタカーを借りて運転することがある場合は加入しておくといい保険になります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故で困った時は

自動車保険についてカテゴリの関連記事