HOME > すべての記事 > 車のメンテナンス > ハイブリッド車のバッテリーの寿命はどのくらい?交換費用の目安は?

COLUMN車のトラブル解決コラム

ハイブリッド車のバッテリーの寿命はどのくらい?交換費用の目安は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨今、エコ意識が高まったことも背景にあり、各社よりハイブリッド車の開発・登場・販売がされており、その市場シェアは徐々に伸びている状況です。

そして、通常のガソリン車にはないハイブリッド車ならではのいくつかの特徴があり、所有しメンテナンスを行っていく際にはこれらの特徴を踏まえる事がポイントとなります。

具体的なポイントと言えば専用補機バッテリーの搭載、リチウムイオンもしくはニッケル水素の搭載、オルタネーターの非搭載などです。
この中でも意外と知られていないのが専用の補機バッテリーの存在です。

鉛バッテリーの搭載目的

通常のガソリン車では当たり前である鉛バッテリーですが、ハイブリッド車にも鉛バッテリーが搭載されています。
ただし、その搭載目的はガソリン車とは違います。

ガソリン車における役割はエンジンを始動させ、電装品への電気の供給がメインです。
これに対してハイブリッド車はハイブリッドを起動させるための専用のものとなり、とても重要な役割を担っています

そして、この補機バッテリーがあがってしまうとハイブリッドシステムを起動する事が出来ず、走行する事が出来ません。

バッテリーの搭載位置

また、搭載位置も異なります。

ほとんどのガソリン車においてはボンネット内ですが、ハイブリッド車においてはそのほとんどがトランクや後部座席の下など室内に設置されていることが多いです
その為、日常点検等において目に触れる機会が少ないというのも、認知度が低い理由となっています。

そして、この専用補機バッテリーは通常のガソリン車と同様に寿命があります。

使用状況にもよって異なりますが、一般的な寿命と同様に3~4年が交換サイクルとなっています。
その為、ガソリン車と同様の寿命と考え、定期的な交換が必要となります。

ハイブリッド車に搭載されているバッテリー

そして、ハイブリッド車に搭載されているものは専用品となります。
通常のガソリン車と同様のものは使用できません。

理由として、トランクや後部座席下など室内に搭載されており、充電時に発生する水素ガスを車外に放出するベンチレーションホースを装着しています。
このホースはガソリン車のものには装着されていません。

このホースが装着されていないものを使用すると室内に水素ガスがたまり、とても危険な状態になりますので専用品を選ぶ事が大切です
その為、ガソリン車の物と比べてもこの補機用は専用構造のため価格が高いです。

搭載されている大きさにもよりますが、通常のものと比べてもおおよそ2~3万程の交換費用となる事が多いので、定期点検を実施し状態を常に確認しておくことで突発的な費用を抑える事が出来るので定期点検は大切なポイントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故で困った時は

車のメンテナンスカテゴリの関連記事