HOME > すべての記事 > 車のメンテナンス > 車のメンテナンスのおススメということで、いろいろ紹介されましたが、本当に必要ですか

COLUMN車のトラブル解決コラム

車のメンテナンスのおススメということで、いろいろ紹介されましたが、本当に必要ですか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガソリンスタンドやディーラーなどで車の点検に出すといろいろ勧められることもあるかと思います。

中には決して安くはありませんので、後で本当にいるのかと思うこともあるでしょう。何点か必要だろうと思われるものをピックアップしてみました。

エンジンオイル

運転の状況もありますが、概ね5000kmほどで、目安に交換しましょう。
新車の点検でも対応いただけると思いますが、新車の場合は、鉄粉等があるので、初回は1000kmがおススメです。

交換をしていないと燃費悪化だけでなくエンジンへのダメージがあるので、距離は意識ください。オイルフィルターはオイル交換2回に1回の交換で問題ありません。

オートマチックオイル (ATF)

こちらは意見が分かれることと最近は交換しにくい構造になっており、無交換を推奨されているケースもあります。

しかしながら、ディーラー含めてサービスメニューには存在しており、オイルである以上不純物や劣化による、燃費、パワーダウン、シフトショックが大きくなるなる等の不具合が感じられるため、交換を勧めます。

しかし、70000km以上無交換であれば、逆に交換することでの不具合が出ることがありますので、交換はリスクが高いことを認識ください。

ブレーキオイル

ブレーキオイルは、基本2年に1回の交換は必要です。

ブレーキオイルは、水を吸うとオイルの沸点が低下するため、下り坂でのブレーキトラブルに繋がるリスクが高まります。
交換は、エア抜き含めて全量交換できるディーラーでの作業をお勧めします。

パワーステアリングフルード

最近は電動タイプが多いので交換しなくてもよいケースが多いです。油圧タイプでも特に交換をする必要は感じません。

量は確認が必要ですので、足りなければ補充でOKです。

ラジエター、冷却水

こちら は、最近ロングライフな仕様が増えており、交換サイクルが伸びていますが、エンジンの冷却性能に影響するため、意識は必要です。

一般的には2〜3年に1回の交換ですが、色が濁った状態であるかが判断基準です。濁った状態では、ラジエタ―、エンジンに詰まり、冷却しないなどトラブルに繋がります。

バッテリー

バッテリーは、2年で点検、3年で交換がベストです。

利用状況によっては5年は使えることもありますが、バッテリーの補償が2〜3年区切りなので、補償切れるタイミングが目安です。最近は電力使用量が大きいので早めがおススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故で困った時は

車のメンテナンスカテゴリの関連記事