HOME > すべての記事 > 車のメンテナンス > 車の血液、エンジンオイルの必要性と効果

COLUMN車のトラブル解決コラム

車の血液、エンジンオイルの必要性と効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車のメンテナンスで良く耳にするエンジンオイル。
どんな役割でどんな効果をもたらしているのかご存知でしょうか?
故障を防ぐために交換してる方もいらっしゃるかと思いますがもししなかったら?どんな現象が起こるのか。今一度、確認して見ましょう。

エンジンオイルとは?


エンジンは車の心臓と言われています。そこから考えてみるとエンジンオイルは車の血液と言っても過言ではないかもしれません。
このオイルの役割は潤滑・清掃分散・防錆・冷却とあらゆる機能を持っています。
エンジン内で稼働している機械のサポートをしております。エンジンオイルが古くなるとサポート機能が失われ多方面に不具合が生じます。

初期症状としては車の燃費が悪くなります。さらに、放置しているとマフラーから煙が出たり外部車のエンジンオンがうるさくなり、最終的にはエンジンが焼き付き車の寿命も短くなると言われています。

これを防ぐためにはエンジンオイルを定期的に交換する必要があります。

エンジンオイルの交換時期


では、どれくらいの頻度で交換すればいいのでしょうか。
車関係のショップでよく言われているのが「5000キロに一度、もしくは半年に1度交換が必要」と言われております。

しかし、車の取り扱い説明書をみてみると10000キロもしくは15000キロに一度交換が必要と記載されております。
使用状況により多少の変動はあるかと思いますが、どこからか聞いた情報だけでは判断できないのです。

今一度、自家用車の取り扱い説明書を確認してみましょう。
正しいタイミングでお財布にも環境にも優しく車を維持することができます!

エンジンオイルの選び方


エンジンオイルの表記には◯Wー◯◯と記載されております。
Wはオイルの粘度(硬さ・やわらかさ)を表します。
Wの前の数字の大きさで柔らかさが決まりますので、数字が低いほど、エンジン始動性が良く、燃費向上につながります。

後ろの数字◯◯は、熱に対する耐久度を示します。数字が大きいほど高温に対する耐久がありターボエンジン等の高負荷時に、十分な油膜を確保することができると言われております。

燃費を重視する場合は、Wの前の数字が小さい方がおすすめ
ハイブリットカーやエコカーなどは適用されるオイルがまた違いますので適合表などで自身の車にあったオイルを選びましょう。

フィルター交換


エンジンオイルの交換と同時に行いたいのがフィルター交換。
エンジン内を循環するオイルのろ過装置でよごれたエンジンオイルのろ過を行っています。

もし、交換をしないと汚れたオイルが循環し車の性能が落ちたり腐食し故障の原因にもなりますのでオイル交換を考えたらフィルターも交換するようにしましょう。

車の使用状況により、交換時期は異なります。
・毎日、買い物などで使い、使用頻度は高いが、短距離走行が多い場合。
・ガタガタ道や悪路をよく走行する場合。
・山道や坂道を走り走行距離が少ない場合。

ターボ車やディーゼル車はオイル交換2回に1回はフィルター交換
ガソリン車はオイル交換と同時にフィルター交換を行いましょう。

その他、交換が必要なパーツ


・AT車の変速の手助けをする、オートマチックフィールド。
これが劣化していくと、変速がスムーズに行われないので燃費の悪化を促進してしまいます。

ミッションオイル・デフオイルはマニュアル車の変速機に使われるオイルでこれが劣化すると変速に影響がでます

・パワステフルード

近年の車は、ほどんどがパワーステアリンング車となっております。
パワーステアリングとは、運転者のハンドル操作を補助してくれる機能で、この機能により軽い力で車のハンドルを操作することができるようになっております。

車の重さはだいたい1000キロから2000キロの重さがあります。それを簡単い操れるのはこのパワーステアリングが補助してくれるからなのです。このパワステの機能を使わずにハンドルを回すためにはとても力が必要になります。
ご自身の車で体験することもできますので、気になる方は是非体験してみてください。

やりかたは、エンジンをかけずにキーをオンにするだけ。この状態でハンドルだけ回してみると日々いかにパワステが助けてくれているのかを実感できるかと思います。

ブレーキフィールドは車検ごとの交換が必要。ブレーキペダルの力をブレーキパッドに伝えるためのオイル
ブレーキパッドの熱の影響をうけ劣化が進みペーパーロック現象の原因にもなります。

・冷却水
エンジンを冷却するための液体。防錆剤や凍結防止剤等も含まれています。交換の目安は通常2から3年に一回ですが、漏れにより液体が少なくなるとオーバーヒートの原因にもなります。
液量を確認し交換時期を確かめましょう。


短距離しか走らない方、お休みの日しか使わない方は特に注意が必要です。
あまり、使わないから大丈夫とメンテナンスを怠ると車の劣化を早めてしますこともありますのでちょこちょこ乗りの方ほど気をつけましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故で困った時は

車のメンテナンスカテゴリの関連記事