HOME > すべての記事 > 車のメンテナンス > 鉄粉が付着してボディに錆が!原因と除去方法について

COLUMN車のトラブル解決コラム

鉄粉が付着してボディに錆が!原因と除去方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボディに錆びみたいな斑点が出来ていることがありませんか。特に細かく、一見すると砂が付着しているとも見てとれるのは、鉄粉です。

この鉄粉は特に工場付近に車を止めていると多く見られ、ボディーがざらざらになってしまいます。

白系のボディーは茶色の斑点みたいに見えて、意外にすぐ気が付きますが、黒、赤などの色が付いている車は意外にも分かりづらく、常日頃気にしていないと手の打ちようが無くなるタイミングになってしまいます。

鉄粉が付着?

鉄粉が付着するのは、大気に舞っているから致しかたないかもしれません。工場近くや道路でも大気中に混入した鉄粉がボディーに付着して、付いてしまいます。ボディーに付着すると塗装上に乗った後、塗装を侵し、塗装下まで入り込もうとします。

鉄粉は、大気に触れると鉄のため、錆びてしまいます。その錆びる過程で、ボディー側に悪影響をもたらすことになってしまいます。

なぜ鉄粉が出る?

工場付近だと加工時の微小なダストの中に混入したり、道路上では車のブレーキダストに混ざりこむ、電車の車輪から発生など、日常生活での発生は止むを得ないところではあります。

そのため、いくら防護策を取ろうとしても、なかなか防ぎきれないのが現実です。

しかしながら、付着後の処置を早くすれば、被害が軽減できるため、ボディへの悪影響は軽減できることになります。

除去できるのか?

鉄粉は除去できますので、なるべく早く取ってあげるとともにコーティングなどでも予防は出来ます。

鉄粉除去で最も効果が見られるのは、粘土での処置です。
水に付けた鉄粉除去用の粘土を使い、表面をなぞっていくだけで鉄粉が除去出来ます。

その他、専用の溶剤でも除去可能です。溶剤自体が鉄を酸化させて、浮かせて除去するものです。

ただし、ボディーへの影響から、効果は薄いので、粘土と合わせて利用すると効果的です。

そのまま放置だと・・・

鉄粉の被害は大きくなります。そのまま放置をしておくと、鉄が錆びて周囲まで侵し始めます。

実際にボディまで錆びが進んでしまい、鉄粉除去が出来なくなるケースも多分にありますし、ワックスやコーティングもうまく付かなくなります。

そのため、ボディーのざらざらが除去できず、非常に汚くなってしまいます。特に白色の車は茶褐色の斑点が目立ち、まだら模様のようになってしまいますので、見た目にもよくありません。そのまま放置は避けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故で困った時は

車のメンテナンスカテゴリの関連記事