HOME > 自動車保険について

自動車保険について

1.自動車保険には2つの種類があります

<自賠責保険>
自賠責保険は法律で加入が義務付けられています
・人的損失に対して、必要最低限の補償を目的としているため、補償対象は対人事故のみとなります。
加入していないと罰則の対象となります。

<任意保険>
・加入は義務付けられておらず、個人の意志に任せられています。
・対人事故はもちろん、対物・単独自損事故など補償内容が幅広いという特徴があります。
・加入していなくても罰則はありませんが、高い必要性があります。

2.「任意保険」が必要な理由

自賠責保険に入っていれば任意保険は必要ないのでは?と思っている人もいるかもしれませんが、実は補償範囲は決して十分とは言えないのです。
万が一、自動車事故の加害者となってしまい、相手を死亡させた場合は賠償命令が1億円を超えることがあります。
そのような時、自賠責保険の補償範囲は最大で3,000万円までしか出ません。つまり、自賠責保険だけでは全然足りないのです。
それをカバーするために加入するのが任意保険です。

3.リスクに応じて決定する保険料

任意保険は損保会社ごとに保険料が細かく設定されています。
最近の主流は「リスク細分型」で、たくさんの項目で条件を選んだり組み合わせたりして作る仕組みです。
一つひとつの条件で契約のリスクを量るのですが、ハイリスクな設定をした場合は保険料が高くなり、リスクの低い設定をした場合は保険料が安くなります。
この際、自分の条件やニーズに合わせたプランの保険料はなかなか把握できません。
あれもこれもと選んでいくうちに、年間に支払う保険料が家計を圧迫してしまうこともあります。

困ったときは一括見積もりサービスを利用しよう

保険会社によって算出方法が違う自動車保険。同じ補償内容でも保険会社が違うと安くなることもあります。
そこで注目されているのが、自動車保険の無料一括見積もりサービスです。
たった一度の入力で複数社の自動車保険の見積を比較できるので、どの保険がいいか全く見当がつかない人にはオススメです。
また、一括見積もりサービスでは一人ひとりに合った保険会社を厳選してくれるので、最大で5万円以上も安くなるケースもあります

一つでも当てはまるなら見直しを考えよう!

  • 運転するのは自分だけ
  • ゴールド免許を所有している
  • 主に日常生活でしか利用していない
  • 年間走行距離が短い
  • 安全装置が多く付いている

安心の「自動車保険一括見積もりサービス」4選