HOME > すべての記事 > 車や部品の購入 > スペアタイヤの価格相場は?自分でタイヤ交換をするための手順

COLUMN車のトラブル解決コラム

スペアタイヤの価格相場は?自分でタイヤ交換をするための手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近だとスペアタイヤのついていない新車というのは珍しくなくなりましたが、長距離を走行するのならば無いと不安という考えを持つ人も多いでしょう。
そうした場合にはスペアタイヤを新たに入手しなくてはならないわけですが、当然無料というわけにはいきません。

ではスペアタイヤを新しく買うとすると、価格はどれくらいなのでしょうか。

ディーラーで購入する場合

まずはディーラーなどで購入する場合です。
当然それぞれの車によって設定されている価格は異なるのですが、安く手に入る場合は1~2万円ほどで購入することが可能です。

ただしスペアタイヤを収納するための固定キットがそもそも付いていないという場合には、オプションで固定キットも併せて取り付ける必要があるため3~5万円前後を見ておくとよいでしょう。

新車で購入する時点で追加で取り付けてもらう場合はもう少し値引きをしてもらえる可能性はありますが、これはディーラーとの関係や新車価格によっても扱いが変わりますから実際に聞いてみることが必要です。

ショップで購入する場合

8--23

ではディーラー以外のショップで購入する場合はどうかというと、これは「テンパータイヤ」などの名前で販売されているものを選ぶとよいでしょう。
この場合はディーラー購入よりも幾分か安い価格で販売されていることが多く、1万円以下で購入することも十分可能です。

ただし注意が必要なのはテンパータイヤのサイズについてです。
言うまでも無いことですが車のタイヤは四輪すべて同じサイズでなくてはなりませんから、テンパータイヤだけ一回り小さいなどのことになると走ることができたとしても安定性が損なわれてかなり危険です。

よってテンパータイヤを購入する場合はしっかりとした知識のあるスタッフに話を聞いて選ぶようにしなくてはならず、また収納スペースについても確保が出来ていない場合はトランクに直接入れるなどの方法で対応するしかありませんから、収納スペースについてもしっかり確認しておきましょう。

もっと安く手に入れるなら中古もあり

しかしこうした価格を見て「使うかどうかわからないスペアタイヤのためにそこまで支払うのは気が進まない」ということであれば中古品を探すという手もあります
実際のところスペアタイヤは全く使ったことがないという人も少なくありませんから、中古車などから取り外されたスペアタイヤが格安で売られていることは時折あります。

また中古車として販売するのであれば少々難しいでしょうが、廃車から出てきたスペアタイヤがあるなどの場合には業者に話をすることで譲ってもらえる可能性もあるでしょう。

とはいえこうした廃車から貰うというのは運も絡みますから、安く手に入れたいのであれば中古品をメインで探すことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故で困った時は

車や部品の購入カテゴリの関連記事