HOME > すべての記事 > よくあるトラブル集 > 車オイル漏れの原因として一番多いのは?【安全運転には必要不可欠なエンジンオイル】

COLUMN車のトラブル解決コラム

車オイル漏れの原因として一番多いのは?【安全運転には必要不可欠なエンジンオイル】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車の使用年数が増えてくると、どうしても避けられないのがオイル漏れという症状です。

一般的にオイルと呼んでいるのはエンジンオイルのことで、定期的な車検を受けていても年数が経つにつれてエンジンのつなぎ目などからオイルが漏れ出してくることがあります。
オイル漏れをそのまま放置しておくと定期的な検査にも受からなかったり、安全性を欠く場合があるため、早急な処置が必要となります。

オイル漏れ対策を行うためには、症状が起こる原因も把握しておく必要があり、これは車を安全に運転するためにも重要なことです。

では、車のオイル漏れ原因で一番多いものは何かを見ていきましょう。

オイルが漏れる原因で一番多いのは?

エンジンオイルが漏れ出してくるのはエンジンのつなぎ目からが多いですが、この部分はゴムパッキンを使用しているため、年数経過と共にこのパッキンが徐々に劣化してくるのです
車というのは鉄の部品がいくつも集まって一つの形を作り出しており、その部品をつなぐ役目を果たしているのがゴムパッキンなのです。

新品のゴムは柔軟性があるため、潰れることでオイルの漏れを防いでいますが、劣化してくるとゴム自体が硬くなってうまく潰れなくなり、隙間からオイルが漏れてしまうのです。

これがオイルが漏れる一番の原因です。

エンジンオイルの必要性

エンジンオイルとは、エンジン部分に使用されている潤滑油のことです。
エンジンは車を動かすために必要不可欠な部分であり、人間で言うところの心臓と同様の役割を果たしています。

また、人間で言う血液と同様の役割を果たしているのがエンジンオイルになります。
そのため、エンジンオイルが無くなるとエンジンは全く機能せず、車を動かすこともできないのです

エンジンオイルはエンジンの潤滑油である他に、シリンダーとピストンの運動エネルギーを逃がさないよう密封する役目を持っていたり、燃焼や摩擦などで高温になったエンジンを冷却する役目、回転運動などで汚れたエンジン内を洗浄し錆から保護する役目など様々な役割を果たしているのです。

オイルの漏れを止めるためには

オイルの漏れに気付いた際にできる応急処置としては、添加剤を使用する方法が一般的です。
添加剤には2つの種類があり、1つは粘度を高めて漏れを止める方法、もう1つは硬くなったゴムパッキンを柔らかく修復する方法です

1つめの粘度を高める添加剤は、サラサラしているオイルに粘度向上剤を加えてドロドロにして漏れにくくするものです。
この方法は効果の即効性はありますが、古いオイルで行うとまったく効果が出ないことがあります。

2つめのゴムを修復して漏れを止める添加剤は、添加剤に含まれる分子がゴム内部に浸透することで再び柔軟性を持たせるもので、即効性はないですが徐々に漏れは解消されていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故で困った時は

よくあるトラブル集カテゴリの関連記事