HOME > すべての記事 > 中古車の購入 > 予算が無いので激安中古車に興味があります。果たして問題はありませんか?

COLUMN車のトラブル解決コラム

予算が無いので激安中古車に興味があります。果たして問題はありませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近デフレの影響からか非常に低価格の中古車を販売する店舗が増えてきています。

ネットのオークションでもあまり考えられないような価格で取引されている車も多く見られます。場合によっては、一ケタ万円の車もあるぐらいです。

なぜ、こんなに低価格なのかと低価格で購入して、トラブルが無いのでしょうか。
車を急ぎで安く買いたい方に必見です。

店頭に並ぶ中古車とは

一般の中古車店などは、中古車とは言えど非常にきれいに保管されているケースが多いです。

特に大手中古車チェーンなどは、車内クリーニングも施されており、使用感を低減され、中古車の抵抗感を低減させています。
なぜそんなにきれいなのか、不思議ではありませんか。

中古車はまず、下取りやオークションで入手され、点検されますが、傷や汚れは修復され、消耗品関係のパーツは交換されたり、次のオーナーが不安にならないような対応がされた後に店頭に並びます。

そのため、入手された価格に対して、修復費用も加算された状態で並んでいます。

低価格中古車は何が違う?

先に一般的なお話をしましたが、今回ピックアップする低価格中古車は何が違っているのかというと、まずは、走行距離が非常に多い点がもっとも異なります。

一般的に中古車は、5万キロ以下と10万キロ以下が一定のレベル感ですが、低価格中古車の場合は、通常のレベルとは異なる10万キロ以上の車が大半です。

あとは、軽微な修復歴が残っていることが挙げられます。走行することに問題はないのですが、厳しくなっている条件からは外れているので安くなっています。

何かしら問題はあるのでしょうか?

正直な話、問題が発生するリスクがあるので価格が安いと判断した方がよいでしょう。というのは、過走行の場合、一般的な点検で目に見える個所を整備していたとしても、複合的なトラブルが考えられることが多いです。

しかしながら、過走行の要因が高速走行、一定の使用条件下で乗られていた場合、例えば通勤で毎日100キロ走っていたとかで整備をマメに受けていた場合などは状況的にリスクが低くなることもあります。

修復歴は現在の修復技術では特に問題はないと考えますが、どのような修理をしたのかは表示する義務がありますので、表示されていないようであれば、怪しいと判断した方が賢明です。

果たして買いでしょうか?

購入に関しては、個人の印象がすべてなので、気に入れば購入を考えていけばと判断しますが、過走行車にはそれ相応のリスクと長期間は乗れない可能性が多いので、短期間での乗換えや緊急対処などの条件下での使用にとどめた方がよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故で困った時は

中古車の購入カテゴリの関連記事