HOME > すべての記事 > 自動車保険について > 車で事故を起こし修理代が40万円。車両保険をつかった方が良いか?

COLUMN車のトラブル解決コラム

車で事故を起こし修理代が40万円。車両保険をつかった方が良いか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事故を起こしてしまった場合、状況によっては非常に大きな金銭負担が発生する可能性があります。

特に「何かを壊してしまった」とか、「誰かを傷つけてしまった」と言う場合、数千万円を超える金銭的負担(賠償)が生じてしまう可能性がある為、自分の力だけでは対応しきれないことも少なくありません。

そんな時、頼りになるのが「保険」です。

保険を利用することで、自分では金銭負担を負わなくとも賠償を果たすことが出来るようになります。
非常に頼りになるものであることは間違いありませんが、「闇雲に保険を使えば良い」と言う訳では無いので注意しましょう。

車の修理代が40万円を超えてしまう場合

事故で故障した車の修理費用が40万円を超える場合、保険を使うべきかどうかは「その後の状況を長い目で考える」と言うことが大切です

40万円の修理代を負担するのであれば、車を選ばなければ十分に中古で新しいものを購入することが出来ます。
何らかの理由で車種指定がある状況であったとしても、特別に人気が高いものや高額で取引されているもの以外であれば、探せば必ずと言って良いほど予算内で購入できるものが見つかります。

その場の費用負担を免除できると言う意味では、保険を頼る方法が便利であることは間違いありません。

しかし、保険を適用することで「等級が下がる」と言うリスクがあることはしっかりと考慮することが必要です
等級は基本的に1年ごとに1つ上がっていきます。
等級が上がることで保険料が下がっていくため、月・年間で保険に掛けるコストを減らすことが可能です。

保険を適用することで負担が増大してしまった結果、40万円以上のコストがかかってしまうのであれば保険を適用しないというのも選択肢の一つになります。

状況を見て判断すること

保険を適用しない方がメリットがあると判断した場合であっても、「すぐに新しい車を準備しなければいけない状況にもかかわらず、自己負担では新しいものを購入できない」と言う場合は、素直に保険を使ってしまった方が良いでしょう。

廃車にする場合に注意すること

保険は一度解約すると等級がリセットされてしまいます。

事故などが理由で「一時的に車を所有しない状態にする」と言う場合、極力「保険の中断手続き」を取るようにしましょう。
この手続きをすることで再契約時に以前の等級を引き継ぐことが出来ます

それによって大きなコストダウンが図れることも少なくない為、必ず検討しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故で困った時は

自動車保険についてカテゴリの関連記事