HOME > すべての記事 > 車のメンテナンス > 車に付着した虫の死骸の除去方法。簡単にきれいに取る方法は?

COLUMN車のトラブル解決コラム

車に付着した虫の死骸の除去方法。簡単にきれいに取る方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特に夏の期間など自動車を走行させていると、自然と虫の死骸がボディに付着してしまうことがあります。

放置してしまった場合では、虫の体液によって塗膜が浸食されてしまうことになるので、できるだけ早急に対応することが良い方法です。
そのために効果的な方法も用意されているので、参考にしながら適切に処理することが望ましいことです。

虫の死骸が多く付着してしまうこと

自動車で公道を走行させている場合では、あらゆる環境で走行させていることになります。

雨の日や晴れの日、日中や夜間、郊外や都市部など様々な環境がありますが、特に自然豊かな環境を走行させている場合では、自動車には沢山の虫の死骸が付着してしまうことがあります。

特に夏の期間に多く発生する内容になりますが、フロントバンパーやサイドミラーフロントガラスやボンネットなどに多く死骸が付着してしまうことになります。
走行中には気付かない方も多くいますが、降車した際にあまりの多くの虫の死骸に驚いてしまうこともあります。

死骸を放置してしまった場合

ボディに付着してしまった死骸は、本来であれば直ぐにでも水洗いを行う方法が望ましいことです

しかし、都合上として直ぐに洗い流すことができずに、一定期間を放置してしまうこともあります。
このようなケースでは、虫の体液によって自動車の塗膜が劣化を起こしてしまうことがあります。

固着してしまった場合では、通常の洗車の方法では対処することが非常に難しい状態に陥ってしまうことも多く、塗料が変色を起こしてしまったり、ひび割れを起こしてしまうこともあります。

無理に擦ってしまった場合では、ボディの周囲に被害が及んでしまう可能性も否定できないので、できるだけ早期に最善策で解決することが良い方法です

虫の死骸を簡単に除去する方法

ボディに対して固着してしまった虫の死骸を簡単な方法で除去するためには、自宅に虫専用のクリーナーを持っていると便利に機能します。
カー用品店やホームセンターのカー用品コーナーなどで販売されていることが多く、スプレー式で簡単に使えるように配慮されている商品なので、ボディに吹き付ける方法で簡単に死骸を除去することができます

ホワイト系のボディの場合では、色素が残ってしまうことがありますが、このケースでは、コンパウンドを利用して磨きあげることが良い方法です。

施工後に関しては簡易的に利用できるワックスやコーティング剤を用いる方法で、ボディを再び輝かせることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故で困った時は

車のメンテナンスカテゴリの関連記事