HOME > すべての記事 > 自動車保険について > 他人の車で事故を起こしてしまった場合

COLUMN車のトラブル解決コラム

他人の車で事故を起こしてしまった場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車が壊れたので借りたり、持ち主が酒を飲んだので代わりに運転をしたりすることが時にはあります。
自分のものではありませんから、慎重に運転をするべきですが、交通事故というのは思わぬ形で起こるものです。

他人の車で事故を起こしたら責任は誰にあるのか

さて、事故当時にハンドルを握っていたのが、車の持ち主ではない、という時、責任は誰にあるのかというと、当然のことながら、車を運転していた人間ということにいなります。
したがって、事故を起こしたことで免許は減点されますし、人的及び物的被害に対して、損害賠償をすることになります。

では、車の持ち主は、何も関わりがないのかというと、そういうわけにはいきません。
運転をしていなかったとしても、「車を貸した」という行為ににおいて、運行供用者責任というものを負うことになるのです

そのため、ある程度の範囲で、車の持ち主も事故の被害者に対して損害賠償をすることになります。

誰の保険が使えるのか

基本的には、車の持ち主の保険が使える事が多いです。
とはいえ、保険を使うと、自動車保険の等級が下がり、保険料の負担が大きくなってしまいます。
車の持ち主にとっては、車が事故を起こしてしまったことも含めて、非常に困ることになります。

そこで確認しておくべきはのは、車を運転していた人間が加入している自動車保険です
自動車保険の特約では、他人の車で事故に適用される他車運転危険補償特約が付帯していることが一般的なので、それを使えば、車の持ち主の自動車保険を使わずに損害賠償をすることが可能です。

また、事故の相手だけでなく、借りた車の修理費についても、条件さえ満たせば補償の対象となりえます。

個人間カーシェアリングで事故を起こしたら

最近では、自分で車を持たずに、料金を支払って他人の車を運転する個人間カーシェアリングというものが増えています。
そのサービスを利用しているときに事故を起こした場合でも、やはり他人の車で事故が起きたという状況になります。

しかし、個人間カーシェアリングの場合、普段車を持っていないわけですから、借りている人間は自動車保険に加入していません。
ではどうなるのかというと、個人間カーシェアリングのサービスに登録して車を借りるときには、仲介業者の指定した保険に申し込んでから運転をするという流れになっています

普通の自動車保険と違い車を借りる1日だけの保険なので、補償の上限はやや低いですが他人の車で事故を起きた時に無保険という状況にはなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故で困った時は

自動車保険についてカテゴリの関連記事