HOME > すべての記事 > 交通事故について > 当て逃げされた時の対処法は?泣き寝入りしないために知っておくこと

COLUMN車のトラブル解決コラム

当て逃げされた時の対処法は?泣き寝入りしないために知っておくこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車を運転するドライバーで「事故を起こしたい」と考える人はほとんどいません。

愛車に傷が付いたとなると価値も下がってしまいますし、何より他人に怪我をさせると大変な責任を負うことになります。
しかしどれだけ気を付けていても事故に巻き込まれることはありますし、何より駐車中に当て逃げされるということもあるでしょう。

当て逃げは犯人をその場で捕まえられないため泣き寝入りをしている人も多いのですが、では本当に行うべき対処としてはどういったことが挙げられるのでしょうか。

最も大切なのは警察に通報すること

まず最も大切なのは警察に通報することです。

「当て逃げくらいで大げさな」と思ってしまう人も多いのですが、他人の財産に傷を付けて逃げるというのは犯罪以外の何物でもありません。
犯罪であればそれは警察に相談して対処してもらうべきですし、警察が捜査をすると犯人が見つかることもあります。

犯人が見つかればその犯人に損害賠償請求もできるのですから、まずは警察に相談するようにしてください

駐車場での当て逃げなら管理会社に確認してみる

また駐車場での当て逃げならば監視カメラがある可能性もありますので駐車場の管理会社に連絡することも必要です。

特に警察に既に報告している場合、警察官から監視カメラデータの確認が命令されることもありますから、連絡を取っておくことは必要です。
もし監視カメラに犯人の車が映っていたのならばナンバーや車種などから持ち主を特定できる可能性がぐんと上がり、犯人を捕まえて修理代を払わせることができる可能性も上がります

警察が代わりに対応してくれるというのならば任せればよいのですが、そうではない場合は忘れずに連絡をしましょう。

保険を使って直すのならば早めに保険会社に相談を

ただここまでで挙げてきた対処を行っても、当て逃げ犯が見つかるという保証はありません。

人が轢かれた轢き逃げであれば警察も本気で捜査しますから9割が逮捕に至っているのですが、物損の当て逃げとなると中々大規模な捜査に入りづらいのもあるのです。
そのため加入している任意保険で修理ができるのならば早めに相談をしておくとよいでしょう。

相談の際には「当て逃げされて警察に捜査してもらっているが、しばらくしても犯人が見つからなかった場合は保険で直したい」と声をかけておけば問題ありません。

ただ任意保険を使うと保険等級が下がってしまうことになりますから、警察と相談しつつ方針を決めるべきというのは忘れないでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故で困った時は

交通事故についてカテゴリの関連記事