HOME > すべての記事 > 交通事故について > 交通事故で保険会社の対応が納得出来ない!そんな時に気をつけたいポイント

COLUMN車のトラブル解決コラム

交通事故で保険会社の対応が納得出来ない!そんな時に気をつけたいポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故の損害賠償問題は、およそ八割ぐらいが示談で決着をつけていますが、示談交渉に納得できない問題が発生することがよくになる事が多くあります。

示談は交通事故などの法律上の紛争を被害者と加害者が話し合って解決することで、示談でお互いが納得できないときには訴訟や調停などの裁判所を通して解決する手段もあります。

自賠責保険

交通事故にまつわる保険には任意保険と自賠責保険があります。

自賠責保険とは、自動車損害賠償保障法により設けられた保険で、自動車を所有する人は加入を義務付けられています
加入していないことが判明したときは罰則が定められています。

自賠責保険は人身事故についての損害を補償する保険で、最低限の補償内容になっているため、重度の後遺症が残ったときでも、補償される金額は四千万円までと決められています。
自賠責保険で賄えない分は加害者自身が負担することになります。

任意保険

任意保険は、文字通り加入するかについては自動車を所有する人の任意で決めることができます。
自賠責保険で賄うことができない補償金額を補えるように、ほとんどの人が任意保険に加入しています

損害賠償金の金額は、加入している保険によって補償される金額や内容が異なります。

示談交渉

示談交渉のときには加害者が加入している保険会社の担当者が相手になりますが、ほとんどの被害者は加害者が加入している保険会社が提示する示談金が、一番金額が少ない自賠責基準をベースにして計算した金額だとは分からないまま、被った損害よりも少ない金額の示談金で決着しています。

交通事故の慰謝料を計算する基準には自賠責基準の他に任意保険基準と裁判基準があり、どの基準で計算するかによって慰謝料の金額が違ってきます。

自賠責基準は、自賠責保険が決めた基準で、被害者を救済することが目的となっていて、慰謝料を計算する基準の内、一番金額が少なくなる基準になります。
任意保険基準は、自賠責保険で賄いきれない分を補うために自動車の所有者が任意で加入している保険会社が決めた基準になります。

計算される慰謝料の金額は保険会社により異なり、自賠責基準は公表されているのに対して任意基準は公表されていない状況です。
保険会社の利益が優先されるため自賠責基準で計算した慰謝料とほとんど違いがない金額が提示されることがあります。

裁判基準は、今までの裁判の事例で下された金額を基に、弁護士が使う基準で、被害者が依頼した弁護士が損害賠償金の金額を交渉するのに使われます。
示談交渉で一番大切なことは、納得できないときには示談に応じてはいけないということです

何度も交渉するのは手間がかかりますが、安易に示談に応じてしまうと取り消すことができないことを理解しておく必要があります。

交通事故問題を扱っている弁護士に交渉を依頼すると、交渉する手間も省くことができる上に、損害賠償金が増えることが期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故で困った時は

交通事故についてカテゴリの関連記事