HOME > すべての記事 > 交通事故について > 事故を起こしたらあなたはまず何をしますか?

COLUMN車のトラブル解決コラム

事故を起こしたらあなたはまず何をしますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故を起こした時には、基本的には次の8つの事を行います。

負傷者の救護・警察へ連絡

一つ目は、まず事故の負傷者を救護します。

つまり、もし人が事故に巻き込まれた場合には、救急車を呼ぶと同時に、二次的な事故を防ぐために、発炎筒や三角停止板を使って後続車の注意を喚起します

二つ目は、警察に連絡する。

警察に事故証明書を発行してもらいます。
事故証明書とは、ここでこういう事故がありましたという事故の証明書です。
この証明書がないと保険が使えないことがあるからです

相手の連絡先の確認・現場の記録

三つ目は、相手の連絡先を確認する。

相手はそれまで見ず知らずの他人であることが多く、相手の住所、氏名、そして、名刺、入っている保険会社の名前や相手の車のナンバーを確認させてもらい、どこに連絡すればよいのかを聞いて控えておきます。
それ以後はその連絡先に連絡して示談交渉を進めていくことになりますが、連絡が取れないとどうにもなりません

また、事故の大きさから相手が逃げてしまうこともあるからです。
逃げられないように、連絡先を押さえておきます。

四つ目は、目撃者がいれば、目撃者の氏名や連絡先を聞いておくことが大切です。

五つ目は、事故を起こした現場の保存をとる。

スマホのカメラなどで、事故現場の写真を残しておきます。
現場の事故直後の様子、壊れた双方の車の位置、ブレーキ痕、車の破損部分、怪我の様子、道路の状況などです。

また、警察官にも詳しく話して、調書に残しておいてもらいます

六つ目は、自分でも忘れないうちにメモを取ることです。

事故を起こした時の様子やそのときの自分の車や相手の車の状況様子など覚えているものをできるだけ書いておきます。

事故の後では、時間が経つうちに、少しずつ現実に戻ると同時に、頭に思っていることが変わってきてしまうためです
そのために、きちんとメモを取ってそのときの様子を忘れないようにします。

保険会社への連絡・病院での検査

七つ目は、自分が加入している保険会社に連絡することです。

たいていは、加入直後に、事前に自分の保険会社から連絡先の電話番号を教わっているはずです。
そこに連絡をします。

自分の保険会社に連絡しないと会社は事故があったことがわかりませんし、会社も動きようもありません
そのため速やかに保険会社に報告します。

八つ目は、事故直後にすぐに病院に行くことです。

事故を起こした直後でなければ、怪我の程度がわかりにくく、事故の被害なのかそれとも、関係がないのかがわかりにくくなるために、小さな怪我だと思ってもかつてに判断せずに、病院に検査してもらうことです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故で困った時は

交通事故についてカテゴリの関連記事