HOME > すべての記事 > 車のメンテナンス > エンジンオイル交換しないとどうなる?オイル交換の必要性について

COLUMN車のトラブル解決コラム

エンジンオイル交換しないとどうなる?オイル交換の必要性について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車などのエンジンにはエンジンオイルが必要です。
これは潤滑油とも言われますが、摩擦が発生する様々影響を軽減させる役割があります。

エンジンオイルの役割とは

エンジンの構造としてはシリンダーヘッド、シリンダー、クランクケースというものがあり、その中にはカム、ピストン、クランクシャフトなど動作をするものや回転するものがあります。

ピストンが上下運動することでカムが動作して吸気や排気を行い、クランクシャフトを回転させて動力を得ているということになります。
これらは全て金属でできているということでエンジンオイルがないと摩擦熱で金属が焼けてしまうということになり、摩擦を軽減する役割があります。

エンジンはピストンが上下運動して混合気を圧縮するのですが、強い力で圧縮することで高い出力を得ることができるのですが、エンジンオイルがなければクランクケースとピストンの隙間から混合気が漏れてしまうことにもなります。
エンジンオイルはこれら密封するという役割もあります

他にもエンジンは摩擦や燃焼によってとても高温になってしまうのですが、エンジンオイルが潤滑することでエンジン内部の熱を吸収して冷却するという役割もあります。

またエンジンは回転運動によって汚れが発生して、混合気を燃焼することでも汚れが発生します。これを放置すると汚れが溜まってしまいエンジンの性能が低下してしまいます。エンジンオイルはこれら汚れも吸着して洗浄を行うという役割もあるのです。

劣化するエンジンオイルの事

8--26

このようにエンジンには欠かせないエンジンオイルですが交換しないとどうなるのか、オイルは時間や熱で劣化してくることになり本来の機能を発揮できなくなってきます。

例えば長期間放置したままで交換しないとどうなるか、エンジンを使用していなくてもオイルは劣化するのでエンジンを傷めることにもなります
よく車に乗るような場合も交換しないとどうなるか、オイルは徐々に汚れてくることになり、粘度も落ちてくることになります。

粘度というのはオイルの硬さのことであり、エンジンの性能によって固めのオイル、柔らかめのオイルというように決められています。
基本的に低燃費のエンジンには柔らかめのオイルを使用することになりますが、粘度が落ちてくるから燃費が良くなるということではありません、エンジンの性能が低下してしまうことになります。

エンジンオイルは定期的な交換が必要

また汚れたオイルはそれ以上汚れをとることができなくなることになりエンジン内部が汚れてきてしまい、その結果エンジンを傷めてしまうことにもなるのです。
エンジンオイルは決められた種類のオイルと適切に交換を行いメンテナンスすることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故で困った時は

車のメンテナンスカテゴリの関連記事