HOME > すべての記事 > レンタカーについて > 格安レンタカーが増えていますが、なぜ格安なのでしょうか。トラブルはありませんか?

COLUMN車のトラブル解決コラム

格安レンタカーが増えていますが、なぜ格安なのでしょうか。トラブルはありませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カーシェアリングやレンタカーなどで車両自体を保有するというケースが少なくなってきたと聞きますが、今回はその中でも多い、レンタカーのネタを取り上げます。

最近は、レンタカーもいろいろな業者が入っており、特に「格安レンタカー」と呼ばれる、ワンコインで借りれると言ったレンタカーが多くなっています。

そもそもそのようなレンタカーは安心なのでしょうか、格安レンタカーはなぜ低価格なのかを解説します。

あくまで副業ベース

格安レンタカーは、大手レンタカー会社と違い、副業ベースで運営されています。

借りる場所等を見られたら分かるかと思いますが、多いのはカー用品店、ガソリンスタンドといった場所になっています。

そのことにより、店舗の運営コストが格段に低下します。そこが価格転嫁の要因です。

レンタカーも洗車やメンテナンスが必要になりますが、運営コストが低下する上に、そのようなメンテナンスコストも抑えることにより、車両の貸し出し価格を抑えることが出来ていると言えます。

車が中古車

貸し出しするレンタカーはあくまで古い中古車を使用されています。大手だと新車で導入されて、ある一定の距離を走ると払い下げされて、中古車市場に出回ります。

しかし、格安レンタカーは古い中古車あるいは、車検用の代車などで導入されている車両をうまく使い、イニシャルコストを下げています。そのため、決してきれいな車を貸していただけるということではありません。

走行距離も非常に多いケースがあり、不特定多数が乗る関係で不安な点も多くあります。しかしながら、格安で借りれる点は大きなメリットです。

保証、カーナビ等はオプション

保証は基本ないものと考えてください。車両保険等の万が一の際の費用補償は付いていますが、大手に多い免責補償は基本的にはありません。オプションか設定そのものがありません。

免責は万が一のことを考えると入っておいた方がよいですが、その点も安さを維持するためには、入らないこともあるのかもしれません。

カーナビは、後付けタイプの貸し出しがありますが、こちらもオプションで、500円~1000円です。車両と比較して高く感じます。最近はスマホでの無料カーナビも性能がよくなっていることもあるので、借りない方がよいでしょう。

基本近距離で

まれに帰省などで使用されているケースを見ますが、長距離を利用するケースであれば、大手レンタカーを高くてもお勧めします。何かのトラブルの際でも全国規模でサポートしてくれます。

格安レンタカーはあくまで手軽さがウリなので、近距離ユースに限る方がメリットがあります。

ちょっと気軽に近くを散策程度にとどめるべきです。燃費等でも最新の車でない分メリットが薄いし、コンパクトカーが多いので、長距離はあまり向きません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故で困った時は

レンタカーについてカテゴリの関連記事