HOME > すべての記事 > よくあるトラブル集 > ヘッドライト片側が暗い時、危険回避に応急処置できることは何か?

COLUMN車のトラブル解決コラム

ヘッドライト片側が暗い時、危険回避に応急処置できることは何か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車を運転中に、ヘッドライトの片側が突然暗くなったり、消えたりした場合、高速での走行中や、街中の走行中なら危険な状況です。時間帯によっては、ディーラーや自動車修理工場、カー用品店などに持ち込めば、直ぐにでも対処してくれるでしょうが、片側が暗いというような特殊な症状では、原因の特定や修理にも時間の掛かる可能性があります。

ヘッドライトについて

また、遅い時間帯の場合には、持ち込む店も開いていませんから、なんとか自分で対処する必要が出て来ます。
そこで、次のようなケースでの対処を知っておくと、慌てずに対応出来ると思います。

ではまず、ヘッドライトの片側が暗いと言う状態を理解しておきましょう。
車のヘッドライトにはご存じのように、ハイビームとロービームが有り、この2つの光源は1つの電球の中に収まった構造になっています。つまり、暗いのはどの照射の時かが分かれば、基本的には明るい方にして走行すれば良い事になります。

高速道路での走行方法

9--9

最初は、高速道路を含めた、高速走行での、ハイビームが暗い場合の対処方法です。
高速走行時では、ハイビーム走行が基本ですが、前走車がいる場合や、対向車が頻繁に走行している場合には、自分のヘッドライトが事故を誘発する可能性があります、この場合、法定速度域で、ロービームのまま走行するのが良いでしょう。

次は、高速道路を含めた高速走行での、ロービームが暗い場合の走行方法です。
この場合、ハイビームのまま走行すれば自身の安全は守られますが、前走車がいたり、対向車が頻繁に走行している場合には、自分のハイビームが事故を誘発する可能性があります。この場合は休憩所などに入って左右のヘッドライトの上側にテープなどを貼り、ハイビームが遠くまで照らさないように処置して、ハイビームのまま走行するのが良いでしょう。

一般道での走行方法

最後に、一般道での走行方法です。
一般道では基本的に速度は抑えて走る事が可能ですから、ハイビームが暗い場合には、ロービームのまま速度を上げないように走行するのが基本です。

逆にロービームに問題がある場合には、ハイビームのまま走行します。
しかし、前走車がほとんどの場合いるでしょうし、対向車も頻繁に向かって来るのであれば、自分のハイビームが事故を誘発しない為にもロービームが基本です。

そこで、高速走行時と同じように、左右のヘッドライトの上側にテープなどを貼り、ハイビームが遠くまで照らさないように処置して、ハイビームのまま走行すると良いでしょう。

注意点として、このテープによる処置は、適正な配光とならない為、ヘッドライトが正常な時より、幾分速度を落とした走行として下さい。
また、ここで利用したのはガムテープを想定したものですが、例えば部品が脱落した場合の応急処置や、隙間などに入り込んだモノを取り出したり、車内掃除の際にも活躍する便利グッズです、愛車や社用車への常備をお薦めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故で困った時は

よくあるトラブル集カテゴリの関連記事